■ 骨伝導( こつでんどう )という言葉をはじめて耳にした方・・・


 私たちが会話をしたり、音楽を聴いたりする時、ごく当たり前のように

「耳で聴いている」と思い込んでいませんか?

ところが、海で暮らすクジラの耳は、海水や水圧に影響されない体の内部

にあります。外からの音は直接聴こえない構造ですが、

しっかり音を聴いています。

また、偉大な作曲家ベートーベンは、晩年に聴覚障害となった後も、ある

方法でピアノの音を聴きながら作曲を続けました。

 では、クジラやベートーベンは、どのように音を聴くのでしょうか。

クジラは下顎の骨で水中を伝わる音の振動をとらえて耳に伝えています。

ベートーベンはタクトを歯でくわえてピアノに押しつけ、ピアノの音の振動

を歯から頭蓋骨を経て聴覚器官まで伝えることで音を聴いていたとも伝え
      
 られてます。

《 彼が音を聴くこと作曲することに、いろいろ悩み試行錯誤されたことは

想像を絶しますね、その一つです。》

そして、その情熱と経験による感性から自ら『骨伝導』を体感し体得された

のでしょうね。この例が示すように、音や声には一般的に、

二つの音の伝達経路があります。

(1)【気導音】=「耳で聴いている」といえる空気の振動で伝わる経路。

(2)【骨導音】=「音の振動を直接伝える」といえる骨の振動で伝わる経路。


        つまり、音や声は、@空気の振動A骨や皮膚組織の振動

この二つの経路で伝わります。

■ 骨伝導で音を聴くーそのしくみ


 私たちが聴く音=振動の伝達経路は、

(1)空気を伝わる気導音

(2)骨を伝わる骨導音の二つがあると先に述べましたが、

最終的に振動を音としてとらえるのは、内耳にある聴覚神経です。

そこで、聴覚神経まで音=振動が伝わるしくみを簡単にご説明しましょう。

 一般的に「耳で聴いている」と実感するのは空気を伝わる気導音です。

人の話し声、テレビやラジオからの音は、まわりの空気を振動させ、 その

振動が耳たぶで集められて耳の穴=外耳道に入り、鼓膜を振動させます。

この振動が中耳で増幅され、内耳のうずまき管内部のリンパ液中に

浮かぶ聴覚神経の先端部が揺れ動く事で、私たちは振動を音として認識

しています。

 それに対して「音の振動を直接伝える」といえる骨導音は、外耳や中耳

を経由することなく、内耳のうずまき管に直接音の振動を伝え、

リンパ液中に浮かぶ聴覚神経が揺れることで、音が聴こえるのです。

自分の耳を塞いでも、自分が発した声が聞こえるのは、この骨導音が

あるからです。

また、その時に聞こえる声が、いつも聴いている自分の声と違うと感じる

のは、骨導音が主に聴こえ、気導音が遮られているためです。

いつも聴いている自分の声は気導音と骨導音がミックスされているので

このように違った声に聴こえてしまうのです。




■ 骨伝導で声をひろうーそのしくみ 


 私たちが発する声は、声帯を振動させることで生まれます。

その声=振動がまわりの空気を介して他人の耳へと伝わる「気導音」が、

他人が聴いている私たちの声なのです。

一方、声帯の振動は自分自身の頭蓋骨にも伝わっており、「骨導音」

して自分の聴覚器官に届いています。

 例えば手で口を塞いだり耳を塞いでも、「骨導音」により自分の声がある

程度聴こえてきます。

しかし、その時に聴こえる自分の声が、いつもの声と違って聴こえる

のは、骨導音だけを聴き、気導音が遮られているためです。

その反対に、ヴォイスレコーダーに録音した自分の声が違った声に聴こえ

るのは、気導音のみが録音されるからです。

しかし、他の人の声は同じに聴こえますから、自分の声が他人にはこの

ように聴こえているとの認識も大事なようですね。

自分のイメージとは、大層違うものですネ〜♪ 。

 骨伝導で声をひろうことは、

骨に伝わってくる声帯の振動を高感度な振動センサー素子で集め、

電気的な音声信号に変換することで可能になります。

 
■ 骨伝導ーそのメリット・!


 「骨伝導で音を聴く」ことは、耳から伝わる空気の振動を使わないため、

さまざまなメリットがありますが、

最大のメリットは、両耳をヘッドホンのように塞がず、完全にオープンに

なることです。

骨伝導スピーカーを装着したまま、周囲の音を同時に聴くことができ、


身近な例では、白バイに搭乗されてるポリスマンのヘルメット内部には

骨伝導スピーカーが設置されて本部との無線連絡をして居ります。


そして耳はオープンにして路上での音を聴いており、口元のマイクは

拡声器により路上へ音声出力し、俊敏に活動されてます。

また、騒音が激しい場合は耳栓を併用でき、聴覚を保護できます。

さらに、水中や特殊な環境等々・・で、さまざまな利用場面と必要とされる

ニーズに応えます。







骨伝導音響開発研究所リッスンウィル(会社ロゴ画像2)会社概要へ